モリンガの歴史

モリンガの歴史

漢方などの東洋医学の基となったと言われている、インド最古の医学書「アーユルベーダ」にもモリンガについての記述があります。

 

色々な病気を治したり、予防したりするのにモリンガは大変有効な植物であると。
「アーユル」は知恵。
「ベーダ」は生活。
モリンガは健康で快適な生活文化を送る為の生活の知恵というようにとらえることができます。
5,000年も前からインドではモリンガは万能植物として、薬や食材として利用されてきました。
また、旧約聖書にもモリンガの記述があり、濁った水をきれいに浄化する奇跡の木と記述されています。

 

北インド原産の自生力の高いモリンガは、熱帯、亜熱帯地域に広がっていきました。
その高い栄養価と、捨てる部分がない利用価値の高い北インド原産の自生力の高いモリンガは国境をわたり、熱帯、亜熱帯地域を中心に広がっていきました。
現在では、その利用価値の高さから、貧しい国々や、土地の痩せた地域、野菜の少ない地域で、食材として、栽培され食べられています。
国連や支援団体のサポートで、貧困地域の栄養補助食材としての植樹や、CO2削減の為のCO2削減樹木として、植林なども盛んに行われています。

 

日本国内でも、約10年ほど前から、研究、開発がおこなわれていて、沖縄や九州の温暖な地域を中心に栽培が始まっています。
国内で栽培されたモリンガはそのまま、国内で商品の材料として加工され、流通しています。
最近では、完全国内産のモリンガのサプリメントやお茶などもネット通販等で簡単に購入することができます。

 

モリンガが素晴らしい効能は、これから世界に広まっていくことでしょう。